忍者ブログ

08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
□    [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。
今月2回目の更新☆イェイ

さて,劇場版ソードアートオンラインが公開されていたので観てきました。
ということで,所感をば。

舞台は,AR(拡張現実)が普及した現実世界。
今までのSAOは,VR(仮想現実)中のゲームが舞台でしたので,その点は大きな違いでした。

同作者のアクセルワールド(AW)は,ARとVRが共存して一般的になっている世界なので,
SAO世界で,VRの普及に続き,ARの普及となると,AW世界へつながる妄想がはかどります。
(たぶん完全に別世界ですが。)

冒頭にSAOのボスが出てくる戦闘シーンで一気に引き込まれました。
ラストの戦闘もこれまでのキャラが一同に会してボスを討伐するという熱い展開でした。
ああいう演出にはぐっと来ます。
割と混んでいたのもあったかもしれませんが,観ていて暑さを感じるぐらい熱かったです。
戦闘シーンで音楽で盛り上げていくスタイルとの相乗効果はすごかったです。


今回の主犯や実行犯の小物感が拭えないなと思いました。
ALO主犯の須郷さんも大概でしたが。

SAO主犯の茅場さんに比べてしまうからね。
茅場さんがぶっ飛んでいただけかもしれないけどね。仕方ないね。

事件の動機であったり,キリトが動く動機であったりが弱いなーと。
SAOは,「ゲームによる死」に対する恐怖が一番の見どころであり,
その見どころはSAO編で行きつくところまで十分に表現されている感じがします。
本作品においてキリトの動機はアスナの記憶の欠落でしたが,
SAOの記憶の欠落がそんな悪くないと語るクラインさんもいますしね。

主犯もなかなかに考え物な理由だし,実行犯もARゲーム中で実力で優っていたと言うわけではないし。

いろいろ思うところもあるけど,楽しんで見れました。
キリトとアスナイチャイチャしすぎでしたが。うん,まあいいけど。
また観に行ってみてもいいかな。

一番最後の告知で出てきた,アリシゼーション編はどうなるかな。
原作小説だとかなり長く続いていたけど。
アニメだと2クールで収まるかわからないと勝手に思っています。
あと,死線を彷徨いながらもゲームするキリトさんかっこいいっす。
(原作だとGGOとアリシゼーションの間はそんなに空いていなかったと思うけど,本作品は時系列的にそこしか入らない気がする。気にしたら負け?)

最後に。
ナーブギアの「脳みそレンジでチン機能」(勝手に命名)がコンパクトになって帰ってきた!

PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
かうんたー
カテゴリー
アーカイブ
リンク
お知らせごと
リンクはご自由にー
報告していただければ、泣いて飛んでいきますよ?
報告していただかなくても、きっと泣いて喜んでおります
キャラ紹介はこちらからどーぞ
最新コメント
[02/06 煉]
[09/18 凛]
[04/19 煉]
[02/27 HANRA]
[02/20 煉]
最新記事
最新トラックバック
著作権表記
Copyright(C) 2007 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2007 Ntreev Soft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.